ビデオは8月1日公開予定です。

 

もうちょっとかかります。

 

お楽しみに!

こんにちは、副編集長のF澤です。

 

今回から、新企画「フィンランド実習記」をお送りします。

 

編集部のA澤が、フィンランドへ。

彼が見たもの、聞いたもの、感じたものを綴ります。

 


 


 これは大学三年生の僕が、フィンランドに行ってきた話をつれづれなるままに書き起こしたお話です。


二月十六日

 眠れない。
あと五時間で飛行機。深夜一時。
結局旅に出る時はいつも、直前にスーツケースを引っ張り出してきて荷物をつめることになる。

話によるとフィンランドは寒いらしい。去年は膝まで雪が積もってるところもあったとか?
「地球の歩き方」というガイドブックを開いてみると、二月の平均気温は最低マイナス10℃と脅し文句のように書かれている。
新調したセーターを行儀よくたたんでかばんにしまい、雪で滑らぬよう足裏がスタッドレスタイヤのようになったブーツを箱から出して玄関に並べた。

少しだけでも目をつむっておこう。
寝坊しませんように。

机の上の目覚まし時計をセットし、iPhoneのタイマーを五重にかけて眠りについた。

 この冬、僕はフィンランドに一週間ほど行ってきた。
所属は工学部なのだけど、この半年間、土日に大橋キャンパスで開講されるデザインの授業に参加してきた。
専攻以外のことも学べるのは、いかにも大学生っぽい感じでしょ?
もちろん機械航空(工学科)の中では少数派だけれども。

他のメンバーも僕と同様、芸術工学や理学などそれぞれ自分の専攻分野をもっていて、その上で履修していた。
年齢層もばらばら。大学院生と学部生が半々くらいで二十人のクラス。

授業では日本の「少子高齢化」についてフィンランドから先生を迎えてワークショップを行い、四つのグループで二〇四〇年の日本がどのようなユートピアを形作るべきか考えてきた。
もちろん、授業は全編英語。その最後のプレゼンテーションを、ヘルシンキにあるアールト大学で行うというカリキュラムだ。

 明朝、福岡から成田に飛んで、そこからヘルシンキまで。


二月十七日

 目覚ましよりも先に目が覚めた。朝五時。

カーテンを開けると、まだ黄色い街灯が夜道を照らしている。
支度を済ませてアパートの鍵を閉めた僕は、街を起こさないように静かに駅に向かった。

✈福岡空港→成田空港

             (つづく)
    あっ。

 それは前回のVOICEを配布した初日のことである。
できたてほやほやの誌面を眺めながら編集部員F澤が不穏な声を出した。

F澤「えっ、これ同じサークルありますよ。」

 前回のサークル白書につけたアンケート結果のサークル一覧である。
「ただし、明らかに同じサークル(部)と思われるものについては1つしか載せていない。」と書いているにもかかわらず、なんと同じサークル名を発見したというのだ。
さすがF澤、目が光る。

U木「感心しとる場合やないでしょ!」

 と言って、別にそのサークルをえこひいきしているわけではない。
アンケート結果は自動的に集約されるのだが、そこから同じサークルを除いていくのは手作業だったんである。
その時に見逃したというわけだ。
皿を目のようにして探したのに、まだ残ってたのか。

U木「どんな皿ですか!」

 おっと、目を皿のようにしてだった。
しかし、まぁ、せっかくだから読者のみなさんにも前号をひっぱり出して、その2つあるというサークルを見つけてほしい。
で、見つけたらこの記事にコメントを添えてください。気まぐれで何か差し上げます。

 ちなみにヒントを言っておくと、アルファベット表記である。

A澤「そう、アルファベット表記のサークルって結構ありますよね。」

 確かに。そしてほとんどが何をやっているのか名前からでは想像がつかん。

U木「……F.E.E.L.ってありますけど。」
A澤「あっほんとだ。何やってるんだろう?」
F澤「なんか美容室の名前っぽくないですか?」

 まさか美容室サークルってことはないだろうけど。
でも、なんでもありなのが大学のサークルである。
ええい、取材だ取材! U木行ってこい!



子どもに科学の楽しさを
  ――小学生向け科学教室を展開

 というわけで、サークル紹介1回目はF.E.E.L. 。

福岡市西区・糸島市を中心に小学生向けの科学教室をおこなっているサークルである。
名前の由来は長くなりそうなので割愛。
「F.E.E.L 九大」で検索するとホームページが出てくると思うのでそちらからどうぞ。

 さて、科学を実際に肌で感じてもらい、学びを楽しむきっかけ作りに取り組むF.E.E.L. 。
公民館で月に2、3回、科学教室を開催している。
今回はキノコが大好き(特にシイタケ)、キノコ系女子のKさんに突撃インタビューを敢行した。


Q.1  ズバリ、やりがいは?
A.  癒される。嬉しい。ハマっちゃいます!
 「せんせー!」小学生からお姉ちゃんのように声をかけられるというKさん。
小学生の子どもたちが笑ったり、困ったり、真剣な顔をしたり。
その表情を見るだけで癒されるという。
なかでも実験をして「わかった!」と言ってもらえる瞬間に、いちばんの喜びと達成感を感じるんだとか。
そのため、子どもがわかりやすいように工夫をすることも多いという。
そこで登場、オリジナルキャラクター「鉄ちゃん」「砂くん」「空気くん」。……そのまま(笑)
だが、かわいいイラストを使ってカイロが暖かくなる仕組みを楽しく説明している。

A.  斬新な子どもの視点に感激
 塩水ってなんですか?――塩の入った水だよ(笑)としか答えることができなかったKさん。
ことごとく大学生の予想を裏切ってくれる子どもの視点に、いつもたくさんの刺激をもらっているようです。
「紙飛行機何個も合体させたら絶対よく飛ぶようになるって!」と小学生の子どもたち。
「重くなるでしょ」なんて言えない……。
想像力豊かに話す子どもの姿に触れられるのがF.E.E.L.の魅力。
ちなみに、たまに子どもがどうしていいかわからず真剣に考え込んでいる顔を見て、しめしめ(?)と微笑んでいる大学生のSっ気に触れられるのもここだけ。


Q.2  F.E.E.L.のここがスゴい!
A.  公民館から企画依頼がどしどし
 西区・糸島市を中心に活動を続けてきたF.E.E.L.だが、最近ではその認知度もあがり、科学教室の依頼が半端ではないほどくるんだとか。
Kさんによると、ある月は毎週末なにかしらの教室が入っていたこともあるという。
さらにここ数年は、一つの公民館で開催する教室の回数を年○回まで、というふうに制限しているんだそう。
でないと、新しい依頼に応えられない――それだけ人気があるということだ。
 運営はもちろん大学生が中心。
企画によっては公民館や地域の社会人と協力・提携したりもする。
F.E.E.L.に入れば、子どもに限らず、自分とはちがう世代の人とひろく関われるそうである。

A.  モテる
 まぁ相手は小学生ですけどね(笑)
 頼りになる大学生はやはり男女関係なくモテることもよくあるみたいですね。
筋肉質の長身マッチョS君は、腕に何人もの女の子をぶら下げてハーレム状態、なんてことも。


主なイベント
・科学教室 月2〜3回
・F.E.E.L.誕生日会(現役・OB勢ぞろいで飲み会など) 6月18日

こんにちは、副編集長のF澤です。

 

さて、「九大文学部性の本音」は最終回!
・バイトをどう選ぶ?
・文学部の恋愛事情
を中心にお送りします!

※Part1はこちら!

※Part2はこちら!

 


 

 

九大生が自分の学部・学科がどんなところか本音で語る覆面座談会です。
今回も、前回に引き続き文学部の学生四人が語ってくれます。
では、どうぞ。


■プロフィール
谷口 4年生女子。4月からは就職。
菊池 3年生男子。主に肉体系バイトと部活に明け暮れている。
江夏 2年生。ふわっと系女子。
森川 1年生男子。なぜか工学系のサークルに所属している。


文学部のアルバイト
――バイトはどんな感じですか?

森川 これ言っちゃうと身バレしそうなんですが、親がもち屋をしていて、それのお手伝いをしてお金をもらってます。

――機械ですか?

森川 機械ですね(笑) 

(天の声)いちいち杵と臼でついたらきりがないでしょ

菊池 僕はXYZのテレビ収録アシスタントをしています。
重たい三脚とかカメラ持って走り回ってます。
たまに1日14時間って時もあったり、この前はいきなりお前広島行けって言われて行ってきましたね(笑)
人にはあんまりオススメしないっす。楽しいんですけど。

――それ、バイト?

菊池 よく言われます(笑)
谷口 私は本が好きなので、最初は本屋で働いたんですけど、
菊池 ぽい。
谷口 本屋って、本好きの人がやるよりは、覚えるのが得意な人とか、アクティブな人が相性いいみたいなんですよね。
お客さんからあの本はどこですかって言われても、本の内容、作者、文献も細かくわかるのに、本の場所は何にもわからない、みたいな(笑)

――なるほど。何系のバイトが多いのかな?

谷口 飲食が多いですね。
菊池 カメラアシスタントはほぼいないですね。
塾講をしている人が結構多いみたいなんですが、怖くないですか?
すごいなぁと思って。
谷口 ちゃんと授業できてるなぁと思い始めたのは1年くらいしてからじゃないかな。

――自分ができる科目を教えるとだいたい大変なことになりますよね。

菊池 なんでわからないの? みたいなかんじなんですか?
谷口 なんでわからないのというよりは、これを分かるようにするにはどうしたらいいという答えが浮かばないみたいな。
森川 名選手が名コーチ、には必ずしもなれないということですね。
江夏 なるほど。

――あとやたら模試の採点いない?

菊池 あー、たしかに。基本寝てるみたいな。
谷口 採点室がみょうに温いんだよね。


■文学部の恋愛事情

――男女の関係ってどんな感じですか?

谷口 女の子どうしの仲がいいので、女の子の中だけで完結しちゃうんですよね。
江夏 わかります。だいたい女の子だけで会話が成立してしまって、結局男の子が入る余地がない感じですよね。

――ってことはあんまり男子と女子が話す機会はない?

谷口 男女比の割にはない、みたいな感じですね。
男は男で、女は女で十分ってなるし。
わざわざ交流しにいかなくても、って感じですね。
菊池 1年のときの人たちとは会わなくなるので、実際1年の時だけですね。
谷口 1年どうしでくっつくのはよくあるし、1年の時にくっついた人たちはずっと続いてるイメージがあります。
森川 正直自分は文学部内でのつながりがほとんどなくて工学部ばかりなので、
一同 笑
森川 あんまり文学部のイメージの参考にはならないかもしれないです。

――学部内で付き合ったりっていうのはどうですか?

谷口 ないわけじゃないんですけど、やっぱり研究室にいっちゃうと範囲が小さすぎて。
でも、研究室自体は縦に幅があるから、「先輩と後輩」ってのはあるかも。

――実は機械航空の座談会のときに、(編集でカットしましたが)「文学部の女性にすごいあこがれがある」という声がありまして……。
谷口 やったー。(笑) ってこれ本気で照れたらなんか……。
菊池 文学部の中の男子からの目線で言うと、たしかに女子が多いのは嬉しいですけど、そこまでではないというか。
たぶん工学部が女子が少ないっていうのがあるからあこがれが強いのかもしれませんね。
谷口 華やかさで言ったら文学部女子というよりも経済学部女子のほうが華やかですよ。
江夏 華やか華やか!

――文学部女子には「おしとやか」イメージがあるみたいです。

谷口 自己紹介とかで文学ですって名乗るとだいたい落ち着いた人って思われるみたいですね。

――だけど実際は違う?
谷口 残念ながら自分はおしとやかではないなって思いますけど、やたらおしとやかって思われるんですよね。
多分あんまり関わりのない工学部の人とかは、そういうおしとやかイメージがあると思うんですけど……しばらくはおしとやかイメージが続いて、ちょっと仲良くなると本性が見えてくるというか。
たまに突っこんだ話になったときに、あれ? みたいな(笑)
一同 あー。
江夏 女子同士でもありますよね。
谷口 そうそう! 1年生の時に思ってたイメージと違ったりする。
菊池 なんか文学部を選んだ人のキャラを想像してみたらわかると思うけどね。
オタク臭っていうか……。
谷口 文学部って言ったら、教室で静かに本を読むみたいなゆったりとしたイメージがあるのかなって。
菊池 基本的に変人、オタクのどれかは当たる気がするかな。
普通の子っているのかな?濃くない子っていうか。
一同 うーん。

――文学部のなかではあんまり恋愛とは縁がないみたいだけど、そういう話にはならない?

谷口 恋愛小説のなかの話をしたりはしたりするんですけどねぇ……ここの考え方は共感できないとか。
あとは男子の中でも女子と同じノリで話せる人は話したりはしますね。
でも、そういう恋愛の話にはならないというか。女子友達って感じで。

――恋愛相談だけされるみたいな。

一同 そうそうそうそう!
菊池 自分もそっち側かもしれませんね。
谷口 文学部どうしでつながらずに、文学部女子が文学部男子を回避する感じは少しわかるかもしれないですね。

――え、回避するの?

谷口 まぁ回避するっていうか……
菊池 自動的にそうなるというか。
谷口 やっぱり1年生の時が狙い目というか。他学部とくっつくことのほうがやっぱり多いですね。
江夏 恋愛ネタではあんまり盛り上がらないよね、っていう話は結構しますね。
谷口 うん。

――バイト先で恋愛とかになったりすることはないんですか?

谷口 自分はあんまりバイト先でってのは好きじゃないんですよね。別れたあとが気まずくなるので。
一同 たしかに。
谷口 あと、文学部の中だったら、小説読んで「この状況でヒロインのこの発言はないわぁ」とか「ここでしょ!」とかは話したりしますね。
菊池 自分と登場人物を重ねて、みたいな、そういうのはありますね。
谷口 この発言はこうこうなんだよなぁ、とか。ここじゃないでしょとか。
菊池 批評なんだよなあ。

――批評……。(笑)

谷口 誰かの恋愛話をしてても、これはあなたこう思ってるでしょみたいな、全部批評スタンスで話を聞いてしまうことが多いというか。
同情して盛り上がるというよりも、それを否定するというか、なんか批評型の会話になっちゃうんですよね。

――うーん。ということは1年生の頃がチャンスなのかな。

江夏 ……課題共学(基幹教育という1年生全員が受ける授業の1つ)とか。その中でできたりとかはあるよね?
菊池 あー聞いたことある!
江夏 いるくない?
森川 うん。
菊池 学部こえて関われるとこだもんね。でもなんかここまで来るともういいやってなりますね。
谷口 わかるかも……ほんとあんまり恋愛相談とかしないですね。事後報告。(笑)

――ほんと全体的に機械航空とは全然ちがう感じで、面白いというか。

菊池 これが文学部のリアルです!
森川 うん。

――全体的に恋愛ネタとかにはテンション低めというか。

谷口 なんか提供できるネタがなくてすいません……

――すいませんって(笑)

谷口 付き合ってもころころは変わらない感じはありますね。あとは、このひと気になってたんだけど、発表の準備してる間にどうでもよくなってしまったとか。

――えっ?

江夏 自分も発表に追い込まれてる時は途中から別のことはどうでもよくなってくるとかよくありましたね。
菊池 男同士でもあの子とどうなったとかいう話で1回は盛り上がるんですけどそのあとは何もないですね。
谷口 そうなんだ、ってなってそのあとは何もないみたいな。

――そうだと言われたらすごく納得するというか。(笑)
まぁそんな感じですかね。ありがとうございました。  

〈完〉



まいど好評の覆面座談会、今号で「文学部」はおしまいです。
今回の座談会、初対面の4人でやったのですが、文学部の気質なのか、あるいはなんかミスったのか、どうも盛り上がりにかけるという声もあり……
次回は思う存分ホンネを語ってもらおうと秘策を練っています。

U木「秘策ってなんですか?」
編集長「○○ながら話そうかと。」
U木「○○ながらはいかんでしょ!」

いいの。そのほうがおもしろいから。

覆面座談会、第3弾は「農学部」を予定しています。
どうぞお楽しみに!

こんにちは!副編集長・F澤です。

 

大学生、といえば「サークル」というイメージがありますよね。

でも、実際にどんなサークルがあるのでしょう?

 

今回は、そんなサークルの実態を徹底調査!

 

題して

 

では読者からのリクエストを一つ紹介。

 

「サークルのくわしい種類や内容が知りたいです。」(筑前高2年)

 

竹山くん(仮名)から投稿があったのが去年の11月とかである。

U木「また放ったらかしですか!」

 

いや、違うんである。

読者からの投稿を受けて、すぐに本誌編集部でも特集を組もうという話になったのだが、ひとつ疑問が浮上した。

 

「そもそも九大にはどんなサークルがあるんだろう?」

 

もちろん編集部員のほとんどがサークルに入っている(いた)人である。

だいたいどんなサークルがあるかは知っている。

 

U木なんか入学してすぐに6個のサークルを掛け持ったというから驚き、というかちょっとさすがにアホなんじゃ……。

U木「めっちゃきついからおすすめしませんけどね!」

 

ほら。

 

まあ、さすがにこれは極端だが、サークルのかけもちはけっこう普通のことである。

このあたりからしても、高校の部活動と大学のサークル活動では感覚がまったくちがうことがわかる。

 

さて、話をもどすと、九大にはどんなサークルがあるのか?であった。

 

編集部の周辺で情報を集めてもよかったんだが、それではだいぶ偏りがでる。

 

そこで、

九大生120人に聞きました!

 

その結果が下の通り。

答えてもらったサークル(部)名だけをひたすら列挙している。

基本的には記入してもらったものをコピペして並べているだけ(なので、正確な表記かどうかは責任とれません)。

ただし、明らかに同じサークル(部)と思われるものについては1つしか載せていない。

 

 

 

いやー、多いなあ。はじめて聞くようなサークルもけっこうあるし、名前からは何をやっているのか全く想像がつかんものもあるな。

 

で、なんでこんなに多いのかといえば、ひとつは学生の数が桁違いに多いからである。

もうひとつは、自分たちで作ることができるから。

「○○やろうぜ!」の一言でサークルが生まれるんである。もちろん1人からでも始められる。

もともとはそんな軽いノリで立ち上げたサークルが、大学公認サークルになって(なるには3年以上の活動実績とかいろいろ条件がある)、さらに定番のサークルに……ということもある。

 

……ざっくりまとめると、九大にあるサークルの数は100や200はある。

数百人規模のものから1人のものまでその規模は様々。

活動の頻度やノリもそれぞれ。

なにかしら自分に合ったサークルが見つかるんじゃないかな。

ないなら作ってしまえばいい。

 

U木「なんかざっくりすぎません?」

 

さすがにこれだけの量、ひとつひとつ詳しくは説明できんから、次号以降でとくに面白いサークルを取り上げながら紹介していきます。

 

そこで、読者のみんなにも「このサークルが知りたい」というリクエストを寄せてもらいたい。

この記事ににコメントを添えてください。